会社設立とは


以前は企業や会社に勤め、定年まで同じ会社に通うという人も少なくありませんでしたが、最近では個人での起業というのも働き方の選択肢の一つとして広く知られるようになっています。会社設立に向けて会社に勤めながらノウハウを学び、またさまざまな資格取得に挑戦をして経験を積んだり、人脈を広げたりと日々奮闘している人も決して珍しいわけではありません。また、最近では週末起業という言葉も生まれ、こうして個人で事業を展開する人も増えてきました。しかし、興味はあるけれど会社を設立するとなると手続きが大変そう、難しい専門知識や法律などの知識も学ばなければいけないのではないかと不安に思う人も多くいます。

会社と一口に言っても、その種類はいくつかあります。よく耳にする代表的なものとしては、有限会社と株式会社があります。この二つはそれぞれに違いがあり、有限会社の資本金は最低で300万円以上と定められています。それに対して株式会社は最低資本金が1円から始められるという点が大きく違います。個人で始める場合、資本金で300万円以上を用意して、というのはなかなかハードルが高いため、多くの人が商号を株式会社として立ち上げることが多いです。

株式会社を設立するとは、法人の扱いになるため、取引の幅も広がり、また個人事業では経費として認められなかったものも経費として計上することができるなど節税に繋がることもあります。また、税理士を雇うことで手元に残る利益を最大化することも可能です。