会社設立の手順


会社を設立する際は、まず商号を決めることから始めます。商号とはその会社の名前を指し、実績のある有名企業の名前を使用したり、混乱を招くような文字を利用することは法律で禁じられている為できませんが、基本的には自由に決めることが可能です。こうして決めた称号が会社設立を目指す住所近隣で類似のものがないかチェックします。類似のものがなければ、登記手続きを行う際に利用する印鑑を作成します。

こうして下準備を整えた後は実際に会社を運営する準備に入っていきます。まずは、会社の基本方針となる定款を作成します。これには事業の目的や所在地、設立の際にシュッ記される財産について、発起人の氏名や住所、発行可能株式総数、定款の認証を第三者が証明するものが必ず必要となります。こうして定款を定めたら、続いて登記書類を作成します。株式会社の場合、最低資本金は1円からとされていますが、必要な金額分をきちんと確保しておくことが大切です。資本金を払い込んだ後、法務局での登記申請を2週間以内に行わなければなりません。こうして登記申請をした日がそのまま会社設立日として扱われます。その後2か月以内に定められた会社設立に関する書類を税務署へ提出する必要があります。