税理士への相談


会社設立の上でさまざまな専門知識や法的手続きなどが発生しますが、株式会社として運営していくうえで早い段階で税理士との協力を視野に入れることで、今後の経営がとても楽になります。というのも、毎日、毎月の記帳作業や経理から、年一回の決済手続きなど経営する上でのお金に関する業務は多く、その全てを自分一人で賄おうとすると慣れるまでは相当な苦労に繋がってしまうためです。また、資金調達などが必要になった際、その手続きに必要とされる月の決算書類が必要な形で瞬時に手元に用意することも可能です。損益や税金などについて知識が浅いうちではこうした準備にも時間を要してしまうため、専門知識を有している税理士に会社設立の代行をしてもらうというのは手段の一つです。また、税理士は税のエキスパートです。会社を運営していくうえでどうしてもかかってしまう経費や税金について、節税のアドバイスを受けられるなど、初心者では気付けなかったポイントまで専門家の意見としてアドバイスを受けることが可能です

初めての場合、どのような税理士に依頼したらよいかと悩む人も少なくありませんが、最近ではサービス面にも力を入れ、より顧客のニーズに合わせた対応をと追求している税理士も増えているため、実際に税理士に期待する像に合致するパートナーを探すことは大切な会社設立の柱です。